日本語教師って何?どんな仕事?資格について

日本語教師の資格とは

日本語教師ってどんな仕事?

日本語教師は名前の通り日本語を教える教師です。

といっても日本語が話せる日本人に正しい日本語や敬語などを教えるのではなく、日本語以外の言葉を母国語とする外国人に対して日本語を教えるのが仕事になります。

日本語教師の活動・就職先は?

・日本国内の日本語学校

・海外の日本語学校

・日本語ボランティア

・オンラインでの日本語教師

世界でも、日本でも活躍できる日本語教師。

日本語教師を職業とし日本語学校や海外で働く人もいれば、副業・フリーランスとして日本語教室や自宅で教えたり、日本語ボランティアとして活動している人もいます。

日本で暮らす外国人の増加とともに日本語を教えることができる日本語教師のニーズはますます高まっています。

日本語教師は誰でもなれるものなの?

日本語教師は、教える仕事(教師・講師)が未経験でもめざせる仕事です。

(もちろん日本語がしゃべれること前提として)

というのも日本語教師は小学校や中学校の教師のように教員免許や特別な資格がなくても日本語教師と名乗れるからです。

実際、今まで教育や語学などに携わったことのない人、資格を持っていない人でも日本語教師のボランティアとして活動しています。

年齢の制限もありませんから子育てが一段落した主婦や定年後、第二の人生として日本語教師を目指すシニアも増えています。

人に教える仕事は大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。

そして国、文化の違う人たちと異文化コミュニケーションを取ることは貴重な経験でありやりがいと生きがいを感じることができると思います。

日本語教師の資格

日本語教師になるには?資格について

さて、日本語教師は資格がなくてもなることができますが実際は就職・副業でお金を稼ぐなら資格は必須といっても過言ではありません。

たとえば、オンラインでの日本語教師の求人情報を見ても募集条件に

「日本語教師養成講座420時間修了者」「日本語教育能力検定試験合格者」

など資格が求められるのがほとんどです。

それでは、日本語ボランティアで活動している人はどうでしょうか?

日本語ボランティアの場合、資格がなくても事前に研修に参加するだけで日本語ボランティアとして活躍することができるようです。

しかし、ボランティアで日本語を指導し始めてからもっと知識を深めたい、今の知識だけでは不安がある、といったことから日本語教師の資格取得を目指す人もいるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする