日本語教育能力検定試験と全養協日本語教師検定の違い

日本語教育能力検定試験と全養協日本語教師検定の違い 日本語教師
しかたん
ネットで調べてたら日本語教師検定がでてきたよ
しかたん
日本語教育能力検定試験とは違うの?

日本語教育能力検定試験と全養協日本語教師検定の違いを調べてみました。

 

認知度の高さなら日本語教育能力検定試験

 

日本語教育能力検定試験は日本語教師に必要な知識・能力が基礎的な水準に達しているかどうかを図る検定試験です。

国家資格のようにこの試験に合格すれば日本語教師になれる!といった資格試験ではありませんが合格者は日本語教師の有資格者として認められます。

日本語教師の求人の採用条件を確認してみてください。

採用条件の一つとなっているのがこの日本語教育能力検定試験合格者です。

 

それでは全養協日本語教師検定とはどのような検定なのでしょうか?

全養協日本語教師検定は2006年より実施されました。

日本語教育能力検定試験よりも新しい試験でまだまだマイナーではあります。

※ちなみに日本語教育能力検定試験は1986年から。

出題範囲の違いをみてみましょう。

全養協日本語教師検定の公式サイトを確認すると

日本語教師の基礎、幅広い知識能力を要求する日本語教育能力検定試験に対してより現場に必要な知識・技能を問う出題構成とあります。

 

つまり日本語教育能力検定試験基礎を、

全養協日本語教師検定実践力を測る検定試験といえるようです。

 

資格メモ

 

主催・実施日・試験内容の違い

主催

日本語教育能力検定試験・・・公益財団法人日本国際教育支援協会

全養協日本語教師検定・・・一般社団法人全国日本語教師養成協議会

 

実施日

日本語教育能力検定試験・・・年に1度(10月頃)

全養協日本語教師検定・・・不確かですが年に一度1月~2月頃に実施されているようです。


試験内容

日本語教育能力検定試験・・・試験Ⅰ(90分)・試験Ⅱ(30分)・試験Ⅲ(120分)

全養協日本語教師検定・・・試験I(90分・マークシート)・試験Ⅱ(70分・記述式)

 

受験資格
日本語教育能力検定試験・・・特に制限なし。外国人も可。

全養協日本語教師検定・・・特に制限なし。外国人も可。

 

しかたん
なんとなくわかった気がするー
しかたん
ちなみに日本語能力試験は外国人が対象の日本語能力を測る試験だよ

 

日本語教育能力検定試験くわしくはこちら

 

おすすめ通信講座・無料資料請求サイト

brush-up学び資料請求

brush-up学びは日本語教育能力検定試験の対策問題・通信講座・学校(スクール)が20件まで一括比較・無料資料請求できるサイトです。