未経験でもできる・ボランティア日本語教師になるには?

ボランティア 日本語教師

ボランティア

全くの未経験でも参加できるのが日本語教師のボランティアです。

 

※海外で日本語教師のアシスタントなどでボランティアとして活動もありますが

ここでまとめているのは日本国内のボランティアになります。

 

・国際交流・異文化体験がしたい

・日本語を外国人に教える日本語教師という仕事を知り興味がある

 

といった人は国内の日本語ボランティアに参加をおすすめ。

 

もちろん、ボランティアなので無償ではありますが、

ボランティアとして経験を積むことで就職活動の強みしたり、

将来日本語教師として働くためのスキルアップであったり、

何より、大きなやりがいがあります。

 

日本で外国人を雇用する企業が増え、日本で働く在留外国人は年々増加。

ボランティアで日本語を教える日本語ボランティアの活動も増えています。

 

日本語ボランティアの活動は、学習者が日本語を上達させるために教科書通り教えるという場所ではありません。

先生と生徒という立場ではなく、日常会話や相談など日本語で楽しく会話しながらコミュニケーション活動をするのが基本になります。

 

日本語ボランティアに必要な条件

日本語ボランティア募集の多くは条件がなく、未経験者でも参加できるところが多いです。

 

まず日本語教師になる3つの条件があります。

  1. 日本語教育能力検定試験に合格する
  2. 日本語教師養成講座420時間コースを受講する
  3. 大学で日本語教育を学ぶ

これらは日本語教師として働く就職の採用条件ではありますが日本語ボランティアは条件をクリアしていなくてもできます。

 

 

ですが、ボランティア教室によっては例えボランティアであっても、

日本語教師養成講座を修了した人、

日本語教師の経験がある人

など応募条件があるところも。

 

また、経験資格不問でもボランティアに参加する前に一定期間講座を受講しなければならないところもあります。

(養成講座は無料のところもあれば、有料のところも)

 

 

日本語ボランティアに必要な能力はコミュニケーション力です。

 

相手(日本語学習者)を知り

話のネタ(趣味・興味・関心事)を作ること、引き出すこと

居心地の良い場所にすること。

日本語でコミュニケーションをとること。

勉強だけではなく、日本文化体験、課外活動など様々な活動が行われています。

 

ボランティアで日本語教師になるには?

まずは、自分が住んでいる地域の日本語ボランティア募集を探してみましょう。

・ネットで検索

・ボランティアセンター(社会福祉協議会)のHPをチェック

・市町村の広報紙や図書館の掲示板や設置されたちらしにおいてあることも

 

Meetup(ミートアップ)というサイトでは、

日本語ボランティアを募集していたり

日本語で国際交流等のイベントも開催しているので

探してみるのもいいかもしれません。

 

日本語教師になるための日本語教育の学習を終え資格はあるのになかなか求人が見つからない、採用されない、といった方もボランティアに参加して、経験を積み就職活動の強みにすることもできます。

 

 

日本語教師